ベントナイトとは
ベントナイトとは?
ベントナイトは、粘土鉱物モンモリロナイトを主成分として、石英、α-クリストバライト、オパールなどの珪酸鉱物を副成分として、長石、マイカ、ゼオライトなどの珪酸塩鉱物、カルサイト、ドロマイト、ジプサムなどの炭酸塩鉱物や硫酸塩鉱物、さらにパイライトなどの硫化鉱物を随伴する弱アルカリ性粘土岩の名称であります。
ベントナイトと同様にモンモリロナトを主成分とし、同様な副成分鉱物を随伴しながら弱酸性〜中性を呈する粘土岩は、国内では酸性白土と称してベントナイトと区別されています。
ベントナイトに含有する各鉱物を構成する元素は、地殻を構成する主要元素Si,Al, Fe,Mg,Ca,Na,K,O,H,S,Cからなっており、一般的な岩石の化学組成と類似しております。

ベントナイトBentoniteの名称は、米国ワイオミング州Fort Bentonの近くにある白亜紀層に産する特に高いコロイド性を持ち可塑性ある粘土に対して、Knight(1898)がBentoniteと命名し技術雑誌に発表したことによります。日本では第二次大戦から戦後しばらくは、膨潤する土であることから「膨潤土」と称していましたが、ほとんど膨潤しないベントナイトが発見されたこともあり、その後「ベントナイト」に名称統一されています。

日本におけるベントナイト鉱業の黎明は、昭和12年(1937年)と称され、群馬県、山形県内各地で企業化され、田畑の土壌改良、物資不足時代を反映した特殊洗剤せっけん用が主たる用途でありました。

photo
ベントナイト原鉱


NEXT 次へ
G0! ベントナイト プロフィール
Back ひとつ前に戻る